最近のマスコミを見ると、全く逆なっている。取材対象がネットw
ネットサーフィンをして、記事を作成しようと思っている?なにそれって

ひどいのはテキストとメディアをそのまま流用したりして、物議をかもしている
持ちつもたれるというか、安易な方向に走ってしかも発覚しないと思っている

発覚しても平気なのかよくわからないが、ずっとネットに残るってことに対する恐怖感が欠如してる
確かにおいいしいのだろうが、そんな考えでマスメディアに寄ったかっている輩には金と女(もしくは男)
しか頭にないんじゃないかと思う。

フェイクニュースが話題になっているが、ほとんどフェイクとやらせじゃないかと思うと
テレビも新聞も、裏ばっかり考えて見る気がどんどん失せていく。



# by sato_eri | 2018-08-20 17:37 | ネットジャーナリズム | Trackback | Comments(0)

貸本漫画時代

子供のころインドア派だった訳ではないが、読書は好きだった。
もともとひねくれていたので、先生の薦める本とか、みんなが読んでる本とかは敢えて読まなかった

貧乏な家庭だったので、本なんて買えるわけがない、学校の図書館とか本屋で立ち読みがもっぱらの読書タイムだった
小学校の図書館の好きなジャンルはほとんど読んだ気がする
でも漫画雑誌(その頃は月刊誌)は付録が付いていたりで、立ち読みはできなかった

近所に貸本屋が出来て、両親がそこを利用するようになった
一度母親と行ったとき漫画がいっぱいあったので、足蹴く通うようになった

立ち読みしてると、いつも店番のおばさんに怒られていたけど
3回に1回は借りていたので本気ではなかったような気がする

そのころ一番好きだったのが、白土三平
あとは水木しげる、さいとうたかお、小島剛夕、
新作が出るのを今か今かと待っていたのを覚えている

みんなのちにブレイクするのだが、何しろその頃は漫画を読んでることはマイナスイメージだったので昔から読んでたとは
誰にも言えなかった




# by sato_eri | 2018-08-19 05:41 | 漫画 | Trackback | Comments(0)

だぶとん

移住者が原住民(ゴメンナサイ)に一番嫌われるのは、上から目線
ただでさえ偉そうオーラが漂っているのにとどめを刺すのはあまり(そんなもんではない)芳しくはない

人生の大半を現場で生きてきたが、キャラが全く向いていないので新しい所に行くと必ずガンを飛ばされる
下手に経歴を説明しても全く理解してくれない。

うまく溶け込むには、同じ人種だという事をそれとなくアピールすること
簡単なのは、さりげなく重機を運転するとかピンポイントでその職種の苦労をねぎらうとかだ
苦労がわかっている人間には、人は心を開く

そう、移住しても自分の話はしないで、今住んでいるところの素晴らしいことをそれとなく伝える
(昔は横浜だってそこらじゅう田舎だった)だから昔にあこがれて移住したんだから、田舎を否定したって
何の得にもならない。

まして以前住んでいたところが立派(自分で造ったわけではない)だからって偉そうに言える権利なんてないはずだ
という決意をもって移住したんだが、あまりに文化圏が違いすぎたw

関西弁は吉本とかでそれなりに対応できるのだが、紀州弁は大半がわからない
動植物の名前や、必需品まで単語がが一致しないケースが多い

大阪と違って、自己アピールする気が少ない、東北の人に近い話し方をする=仲間内
そのうえ市鹿野の居住者は60代以上がほとんどで、仲間ばっかりで
まず会話には入っていけない。

会話が通じるのは、ビジネスがらみの人たち。(ほっとします)

これはびっくりしたんだけど
実はここら辺の人は(ざじずぜぞ)が発音できない(ざじずぜぞ)が(だぢづでど)
の発音になる

そこで、タイトルの(ざぶとん)が(だぶとん)になってしまうってことだ
言われなければわからなかったが、いちいち翻訳するのも大変だと思うこの頃





# by sato_eri | 2018-08-19 04:35 | 田舎暮らしの内緒の話 | Trackback | Comments(0)

引っ越してから何かと忙しくて、温泉どころではなかったが
連れ合いがあまりうるさいので、車で20分ばかりのえびね温泉に行ってきました。
a0020694_17431490.jpg
川岸にある温泉でロケーションは抜群でした
a0020694_17442875.jpg
a0020694_17461384.jpg
ここの温泉水は、飲料用としても人気があるそうで、近畿圏はもとよりもっと遠方からも
購入にやってくる(今日も長野ナンバーの車が来ていました)とのことでした

a0020694_17435006.jpg


# by sato_eri | 2016-02-23 17:45 | 道の駅と温泉 | Trackback | Comments(0)

ゴミラン2名との闘い

未だ壮絶な戦闘中。
引越して20日も過ぎているのに
段ボールが50箱は残っている。

その他に床という床にモノがあふれかえって歩行に支障をきたす状態。
写真をアップしたいのだが、それは禁止されている。

今度の家は一部屋余っているので、
(念願のオーディオルームにしてしまった)
いざとなれば退避ができるし、ベランダも広いので、

以前みたいにただただパソコンに向かって
時間を過ごすというような、哀れなことはなくなった。
a0020694_00074640.jpg


# by sato_eri | 2016-02-22 00:10 | ADD-ゴミラン管理委員会 | Trackback | Comments(0)