ゴミラン管理委員会-ADD

この手の新しいジャンルは、先入観や生活信条が確立されている人たちが
中途半端に理解すると、とても良くないような気がする。

ADDについては、「片付けられない女たち」が種本になっている
興味のある方はご一読を

だらしのないのは、性格ではなくて、病気なんですよ。
治療すれば治るんですよというのが骨子だが

いまいちアメリカの精神というか心理関係の医者は信用がならない。

殆んどの人間が、なにかしら精神疾患を持っている方向に誘導している。

患者のためというよりは、医者の治療費稼ぎか、学者の功名心争いが
病名を増やしているように見受けられる。
(「そしてエイズは蔓延した」を読めば、そのあたりはよくわかる)

話を戻そう

ADDは病気らしいが、症例や治療のケーススタディを参考にすると
自分もだらしが無いが、もっと重病人たちがたくさんいることを知って
最近では、あまり感じなくなった。というより正常に思えてきた

几帳面な方が病気に見えるのは昔からだか、
嫌煙運動や、ダイオキシン騒ぎを見るにつけ、潔癖症のやからの行動は
病的に思えてならない

まだADDの患者の方が人間的に思える
by sato_eri | 2006-04-05 11:34 | ADD-ゴミラン管理委員会